ご挨拶

「世界一のゲイタウンは、世界一きれいな繁華街です。」
なんて、夢のような話かもしれません。

私は生まれも育ちも新宿二丁目です。ゴミ間題といえば、子供の頃、何度もゴミ山に突っ込みながら自転車に乗る練習をしたことを思い出します。同じ時期、私の祖父は一人リアカーを引いてゴミ集めをしていたとか。

あれから約30年が経ちましたが、状況は変わりません。
朝のゴミ回収にもかかわらず、昼頃からゴミが出され始め、ゴミの上にはさらにゴミが投げ捨てられる。
そして、分別どころか粗大ごみまでも所定の手続きなく放置される。
毎年5月末のお祭りでは、ゴミ山の間を子供の山車と御神輿が進んでいく...

これが、新宿二丁目の現状です。

“海のゴミは川から、川のゴミは街から、街のゴミは「人の心」から生まれます”
この「海さくら」の古澤代表の言葉を聞き、二丁目のゴミ間題は二丁目だけの間題では無いのだということを自覚しました。ゴミ間題を放置してきた私たち、まさに「人の心」という部分が汚れつつあるのかもしれません。

でも、新宿二丁目を愛する気持ちは、一人ひとり少なからず持っているはず。新宿二丁目が世界一のゲイタウンとして今後も発展していくためにも、海さくらのモットーである「日本一楽しいゴミ拾い」を通して、「世界一きれいな繁華街」を目指します。
そして、私たちの活動が末来の子供たちに誇れるものになれば嬉しいです。

代表 二村孝光

代表 二村孝光

「世界に誇れる街づくりを目指して。」

私は新宿2丁目でゲイバーをオープンして7年が経ちました。

たくさんの観光客はもちろん常連の方もたくさん訪れるこの街が世界に誇れる綺麗な街で会ったらいいと感じるようになってきました。

海を綺麗にするという最終目標の海さくら。海のゴミは街が綺麗にならないとなくなりません。街のゴミは人の心が汚くするからです。

なので私は発信力のある人に働きかけ、このゴミ拾い活動がかっこいいものであると思っていただき、ゴミを拾うのはかっこいいこと、そしてゴミをポイ捨てするのはかっこ悪いことという共通認識になればいいと思ってます。

また、あまりゲイバーをやっていて町内会の方や街に暮らす人々と交流するきっかけはないので、この町内会と夜のシーンの私たちが混在する活動はとても魅力的であり、今後の街づくりにおいて必要なことだと思ってます。

手ぶらで気概に参加できるのが海さくらのいいところです。みなさん仕事終わりに、学校終わりに1人できて参加してくださってます。

ぜひご参加ください。

代表 とし

代表 とし

海と日本プロジェクト
日本一楽しいゴミ拾い!海さくら

ページトップに移動する